Abstract

本発明は、少なくとも、正のモータ電源端子とバッテリの正の端子(+Bat)との間に挿入された第1のリアクティブインピーダンス要素(L1)と、負のモータ電源端子と自動車のアース(−Bat)との間に挿入された第2のリアクティブインピーダンス要素(L2)とによって形成されたコイル電磁両立性(EMC)フィルタに統合された、少なくとも、第1の容量性電気インピーダンス要素(C1)と、第2の容量性電気インピーダンス要素(C2、C3)とを備えるブラシ付きDCモータの電磁放射の帯域減衰/除去フィルタに関する。本発明によれば、第1の容量性電気インピーダンス要素(C1)は、正の端子と負のモータ電源端子との間に並列に接続され、第2の容量性電気インピーダンス要素(C2、C3)は、第1の容量性インピーダンス要素(C1)の容量より低い容量を有し、バッテリの正の端子(+Bat)とモータのアース端子(−Bat)との間に並列に接続される。本発明は、任意のタイプの自動車のフロントガラスワイパーモータ用の機器に適したものである。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (7)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2000173828-AJune 23, 2000Tdk Corp, ティーディーケイ株式会社Split ferrite core to eliminate noise for flat cable, noise eliminating component, wire harness and electronic equipment
      JP-2003068534-AMarch 07, 2003Murata Mfg Co Ltd, 株式会社村田製作所コイル装置
      JP-2005516568-AJune 02, 2005ローベルト ボツシユ ゲゼルシヤフト ミツト ベシユレンクテル ハフツングRobert Bosch Gmbh電気転流機の火花ノイズ除去装置
      JP-2008035629-AFebruary 14, 2008Mitsuba Corp, 株式会社ミツバ減速機構付き電動モータ
      JP-S496242-Y1February 14, 1974
      JP-S5567668-UMay 09, 1980
      JP-S63179765-UNovember 21, 1988

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle