溶銑の精錬方法

Refining method of molten pig iron

Abstract

【課題】高脱りん処理効率および高脱りん能の両立が可能な溶銑の精錬方法を提供する。 【解決手段】鋼浴を旋回させた状態で、さらにスピッティングを抑制してスラグ−メタル反応効率を高めるため、上底吹き型転炉の上吹きランス1は、同一円周上に等間隔で配置された3孔以上のノズル2を備え、ランス1中心軸がZ軸、ノズル2の出口位置がX軸上となるように定めたXYZ直交座標系において、YZ平面およびXZ平面へのノズル2の軸の投影がZ軸となす角度をそれぞれα、βとしたとき、αとβが(1)式を満足する。上吹きランス1からの酸素吹付け流量F O2 (Nm 3 /min/t)を2.0〜3.0の範囲とする。粉状生石灰の吹付け速度W CaO (kg/min/t)とF O2 (Nm 3 /min/t)との比W CaO /F O2 を2.0≦W CaO /F O2 <3.0とする。 0<tanα/tanβ<2.75・・・(1) 【選択図】図2
【課題】高脱りん処理効率および高脱りん能の両立が可能な溶銑の精錬方法を提供する。【解決手段】鋼浴を旋回させた状態で、さらにスピッティングを抑制してスラグ−メタル反応効率を高めるため、上底吹き型転炉の上吹きランス1は、同一円周上に等間隔で配置された3孔以上のノズル2を備え、ランス1中心軸がZ軸、ノズル2の出口位置がX軸上となるように定めたXYZ直交座標系において、YZ平面およびXZ平面へのノズル2の軸の投影がZ軸となす角度をそれぞれα、βとしたとき、αとβが(1)式を満足する。上吹きランス1からの酸素吹付け流量FO2(Nm3/min/t)を2.0〜3.0の範囲とする。粉状生石灰の吹付け速度WCaO(kg/min/t)とFO2(Nm3/min/t)との比WCaO/FO2を2.0≰WCaO/FO2<3.0とする。0<tanα/tanβ<2.75・・・(1)【選択図】図2
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a refining method of molten pig iron, capable of both of high efficiency in dephosphorization treatment and high capacity for dephosphorization.SOLUTION: In order to enhance the efficiency in reaction between slag and metal by further suppressing spitting with a steel bath revolving, the top blowing lance 1 of a top blowing converter includes a nozzle 2 having 3 or more holes disposed at equal intervals on a same circumference. In an XYZ orthogonal coordinate system with Z-axis as the central axis of the lance 1 and X-axis on which the outlet of the nozzle 2 is positioned, when angles formed between Z-axis and the projections of the axis of the nozzle 2 on the YZ-plane and the XZ-plane are represented by α and β, respectively, α and β satisfy the following expression (1). The flow rate of oxygen F(Nm/min/t) blown from the top blowing lance 1 is set to the range of 2.0 to 3.0. The blowing rate of powdery quicklime W(kg/min/t) to F(Nm/min/t), i.e. W/F, is set to 2.0≤W/F<3.0. 0<tan α/tan β<2.75 ...(1)

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (7)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    EP-1445337-A1August 11, 2004Nippon Steel CorporationMethod for dephsophorization of molten irona
    JP-2003147426-AMay 21, 2003Sumitomo Metal Ind Ltd, 住友金属工業株式会社Steelmaking method
    JP-2011001585-AJanuary 06, 2011Sumitomo Metal Ind Ltd, 住友金属工業株式会社溶銑の脱りん方法
    JP-2011012286-AJanuary 20, 2011Sumitomo Metal Ind Ltd, 住友金属工業株式会社溶銑の脱りん方法
    JP-2011246773-ADecember 08, 2011Sumitomo Metal Ind Ltd, 住友金属工業株式会社Method of dephosphorizing molten iron
    JP-2012122099-AJune 28, 2012Sumitomo Metal Ind Ltd, 住友金属工業株式会社Method for dephosphorizing hot metal
    JP-2013087316-AMay 13, 2013Jfe Steel Corp, Jfeスチール株式会社バーナー機能を付与した粉体吹込みランス、その粉体吹込みランスを用いた溶鉄の精錬方法および金属溶湯の溶融還元方法

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle